70系客車 その1
HO Scale Model


スニ73

 戦後、被災した電車を復旧した客車が多数登場しました。それらは台枠が電車のため車体も電車と同様な形状を持っていました。そんな一寸変わった外観を持つ、電車ベースの70系客車を模型化致します。第一弾としては、17m国電ベースの荷物車を3種と、末期に製造された20m車のマニ72を選んでみました。
 スニ73は小さな魚腹を持つ30系電車のUF20を復旧したタイプで、実車は1輛毎に外観が異なっていると行っても良いため、最大公約数的な形状で模型化しました。スニ75は50系電車ベースの車輛で、その中でも特徴が際立っている2タイプを選びました。Aタイプは盛岡工場で改造された車輛で、側梁を切らずに妻側出入り台を設けているため、不思議な外観をしているのが特徴です。Bタイプはトラス棒付台枠を持っているのが特徴。50系電車は鋼製化する際トラス棒を撤去しているのですが、何らかの理由により内側だけ残っていたのがそのまま再利用されています。後に電暖が取り付けられ、昭和42年まで活躍していました。マニ72は昭和24年度に製造された荷物車で、戦後の混乱も一段落したのか戦前の荷物車同様の車体構造を持っています。戦災復旧車としては可成り整った外観を持っていますが、電車の台枠を使用しているため窓の高さなどが電車のそれとなっており、なんとも言えない外観を持っています。末期には電暖が取り付けられた車輛もおり、ヨンサントオ頃まで現役で活躍しました。
 従来通り豊富な実車の資料から、床下機器やベンチレータなど色々な部品を新規に製作、実車を忠実に模型化しました。発売は12月頃を予定しています。また製品を完成させるには、このキットの他に別途台車を購入して頂く必要があります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。

スニ75 Aタイプ(103,104など)
スニ75 Bタイプ (2105)
マニ72

品番  製品名  価格(税別)
0344  スニ73(キット)  \46,000.-
0345-A  スニ75 Aタイプ キット)  \46,000.-
0345-B  スニ75 Bタイプ(キット)  \46,000.-
0346  マニ72(キット)  \47,000.-

ご希望の方は、こちらをご一読の上、11月4日までに下記ボタンよりお願いします。