キニ55、キハ51形気動車
HO Scale Model

キニ55

 常磐線の電化が進み普通列車が電車化、それに伴い荷物電車が必要になりましたが需要を考慮し高価な交直流荷物電車は開発せず、気動車で対応することになりました。当初キニ16が用意されましたが、1エンジン車では電車の間合いを縫って走行するのに難があり、昭和40年に2エンジンのキハ51を改造したキニ55が用意され、上野〜水戸間で2〜3輛編成で運転されました。キニ56や58が登場後、キニ55は水郡線などでも使われるようになりました。電化区間を全開でかっ飛ばす姿は常磐線名物?で、その用途からか10系気動車最後の現役車となり、昭和59年まで活躍しました。
 製品は豊富な資料を元に実車を忠実に模型化、たった4輛なのに外観は3タイプあり、どの姿にも組み立てられるように配慮されています。また同時にキハ51の再生産致します。製品を完成させるには、このキットの他にイモンギア、IMONNミニモーターなどを、別途購入して頂く必要があります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。

キニ51

品番  製品名  価格(税別)
0203  キハ51キット)  \51,000.-
0208  キニ55(キット)  \53,000.-

 ご希望の方は、こちらをご一読の上、令和2年3月末日までに下記ボタンよりお願いします。